神戸大学キャリアセンター神戸大学キャリアセンター

HOME 企業の皆様へ > 求人情報の受付について

求人情報の受付について

求人情報の提供に係るお願い

求人情報はWEB求人票システムからのご提供をお願いしております。
以下のリンク先からユーザーID、パスワードを取得の上、ご提供下さいますようお願いいたします。
【WEB求人票システムへの登録はこちら】
システムのご案内

神戸大学キャリアセンターでは大学院生(修士・博士・ポスドク)の就職活動を支援しています。大学院生を対象とした求人票も受け付けしておりますので、採用のご予定がありましたらよろしくお願いいたします。なお学校推薦をいただける場合、また特定の学部学科の学生を対象とした求人につきましては、該当する学部の就職担当へ送付していただけますと幸いです。

 

職業安定法の改正により、求人情報をご提供くださる際は、従来の労働条件に加え以下の労働条件を明示くださいますようお願い申し上げます。

  • 試用期間の有無及び期間、試用期間中の労働条件
  • 労働者を雇用しようとする者の氏名又は名称

  • また、以下の点にもご留意くださいますようお願いいたします。

  • 従事すべき業務内容及び賃金、労働時間その他の労働条件(以下「従事すべき業務の内容等」という。)を可能な限り速やかに明示すること
  • 明示する従事すべき業務の内容等は虚偽又は誇大な内容としないこと
  • 期間の定めのある労働契約を締結しようとする場合は、当該契約が試用期間の性質を有するものであっても、当該試用期間の終了後の従事すべき業務の内容等ではなく、当該試用期間に係る従事すべき業務の内容等を明示すること
  • 原則として、求職者と最初に接触する時点までに従事すべき業務の内容等を明示すること
  • 従事すべき業務の内容等の一部をやむを得ず別途明示することとするときはその旨を併せて明示すること
  • 労働条件の変更については、学校卒業見込者等については、特に配慮が必要であることから、その変更、削除、業務内容の追加は不適切であること
  • 学校卒業見込者等に具体的に理解されるものとなるよう、従事すべき業務の内容等の水準、範囲等を可能な限り限定すること
  • 従事すべき業務の内容等に関しては、職場環境を含め、可能な限り具体的かつ詳細に明示すること
  • 従事すべき業務の内容等が労働契約締結時の従事すべき業務内容等と異なる可能性がある場合は、その旨を併せて明示するとともに、異なった場合には当該明示を行った者に速やかに知らせること
  • 試用期間中と試用期間終了後の従事すべき業務の内容等が異なる場合はそれぞれ従事すべき業務の内容等を示すこと

 

【裁量労働制の求人情報をご提供いただく場合】