神戸大学キャリアセンター

HOME キャリアセンターのご案内 > 神戸大学の就職活動について(キャリアセンターからのメッセージ)

神戸大学の就職活動について
(キャリアセンターからのメッセージ)

 

 キャリアセンターは全力で皆さんのキャリア発達を支援しています。
 ところで、皆さんはキャリアとはどのようなものだとお考えでしょうか。最近、職業(vocation)という言葉に変わって、キャリア(career)という言葉が頻繁に使われるようになりました。キャリアという言葉は、「経歴、生涯、職業、仕事」などと訳されています。また進路指導の領域では、進路という言葉があてられているようです。
 「キャリア発達」は、アメリカの心理学者スーパーが提唱した概念です。彼によれば、「誕生から退職後にもわたる人生全般の生活を視野に入れながら、職業行動の根底にある成長・学習のプロセス」と定義されます(Super,D.E. 1957)。さらに、この概念は進学や就職時の進路指導にみられるような一時的なものではなく、1)長期的な視野に立った指導であり、2)それは発達の援助という立場からなされ、3)しかも本人の自己理解の促進につながるものでなくてはならないとされています。キャリア発達は職業的発達よりも拡大された概念で、生涯における社会的諸活動や社会的役割を含んだものになっています。このことから、皆さんのキャリア発達は、大学における教育研究という正課活動とそれ以外の正課外活動(ボランティア活動、部活動、アルバイト、就職活動など)の総体の中で育まれ、職業を得た後の長い人生も射程に入ったいわば「人生そのものとその生き方」をさす概念だと言えます。
 キャリア発達研究の第一人者である立教大学大学院教授の渡辺三枝子先生は、さまざまなキャリア概念がある中で次の3点は共通していることを指摘しています。
     1) 時間性(人生というスコープには過去、現在、未来がある)
     2) 空間性(出生と同時に生活空間は変化していく)
     3) 個別性(一人ひとりのキャリアに同じものはない)
 特に、強調したいのは第3の個別性です。自分のキャリアは唯一無二なのですから、人と比較したりしても意味がないということです。だからこそ、誰のためでもなく自分が心から納得する進路を選び取ることが最も重要なのだと言えます。
 最近の就職活動は近年類を見ないほど困難になってきていますが、その背景にあるのは、学生の精神的自立の遅れであることは間違いありません。社会が求めているのは一人前の大人としての自立心と行動力のある人です。特別な人ではありません。ただ、その自立した一人前の人になるには、日頃の授業やゼミの中で自分の頭で考え、自ら発表し、批判されながらも自分の考えで行動できる人になっておくことが必要なのです。決して部活動やアルバイトだけで鍛えられるものではありません。大学で展開される教育研究の世界から今の職業社会のあり方をとらえ直す学習活動の質が問われているのではないでしょうか。
 次にできるだけ早く、社会の動きや働く場を経験することです。幸いなことに近年多くの企業や自治体がインターンシップの機会を与えてくれています。3年の夏休みを利用してなされることが多いようですが、ぜひともインターンシップに参加されることを勧めます。また海外インターンシップもおすすめです。参加することによって、自己理解がすすみ、自分の強みや弱みも明確になります。その経験がその後の就職活動にいい影響を与えることはまちがいありません。
 就職活動で一番肝心なのは自分の軸を見出し、いつもそこから思考し行動できるということです。何度となく繰り返される面接においても、その軸がしっかりできていれば、確かな自分をアピールすることができます。採用側はそれを確認したいのだと思います。
 ぜひとも、日頃の授業や、友人との徹底した討論の中で養われる個の確立、ボランティア活動や部活動、アルバイトと行った協同作業の中で培われる協同意識と行動力をこの神戸大学で身につけ、世界で活躍するグローバルキャリア人として育っていただきたいと思います。
 ところで、キャリアセンターはキャリア支援だけでなくボランティア支援も行っています。先に述べたように、キャリアは正課活動と正課外活動のバランスのとれた自己成長のもとに発達します。その意味でキャリアセンターにボランティア支援部門があるのは当然のことだと言えます。皆さんのキャリア発達をより広く奥行きのある形で支援し、神戸大学の使命である「人間性豊かな指導的人材の育成」に貢献していきます。
 さらに東京オフィスを有楽町の東京交通会館ビル9階に設け、東京での就職活動を全面的にバックアップしています。面接の前にアドバイザーに会って緊張をほぐしてください。
ホームページでいつも最新の情報お届けし、神戸大独自のネットワーク型キャリア支援やボランティア支援情報を統合して、見やすく使いやすい情報提供を行っています。
われわれ、キャリアセンターだけでなく、それに関わる全てのサポーターが皆さんのキャリア形成を支援していきます。いわばオール神戸大で皆さんを支えていきますので、いつでも気軽に立ち寄りご相談ください。

(2014.8.21)
  • 場所・開室時間

    鶴甲第1キャンパスA棟1階
    8:30〜17:15(土日祝日は休室)

  • 進路・就職相談

    実施日時・アドバイザーシフトはこちら
    毎時0分開始で相談時間は45分以内です。

    受付

    平日の8:30から、当日分のみ電話予約ができます。
    キャリアセンター
    (078-803-5217/5218)へ電話し、①希望時間、②氏名、③学籍番号、④電話番号をお伝えください。

  • 図書の貸出

    蔵書の貸し出しをしています。1人1冊、最大7泊8日(その日が休室日の場合は次の開室日まで)です。一部、貸し出しできない図書があります。

  • DVDの視聴

    マナー、面接対策等のDVDを視聴できます。希望する方は受付までお問い合わせ下さい。