神戸大学キャリアセンター神戸大学キャリアセンター

HOME就職支援 >公務員を目指す方へ

公務員を目指す方へ

▼1.キャリアセンターの支援
▼2.公務員の仕事
▼3.公務員試験
▼4.公務員関連リンク集

1.キャリアセンターの支援

各種ガイダンス・説明会

年間を通して、キャリア・就職に関するガイダンスや官公庁等の説明会を開催しています。
キャリアセンターHPのトップページ「お知らせ」「ガイダンス情報」「官公庁等説明会」はこまめにチェックしてください。
公式SNS(InstagramTwitter)でも情報を発信しています。ぜひフォローしてください。

学外でも、人事院や支援団体主催の様々な公務員関連イベントが開催されています。
積極的に参加して、仕事理解を深めましょう。

進路・就職相談

キャリアセンターでは、キャリアアドバイザーによる個別相談を実施しています。
進路に関することや、ES、面接など、公務員試験対策にもぜひご利用ください。
(筆記試験等の問題・解答に関するご質問はお受けできません。)

試験対策

公務員関連の書籍(公務員の仕事研究・過去問・面接対策など)を貸出しています。
詳細は「蔵書一覧」をご覧ください。(検索ボックスで「公務」と入力いただくと抽出できます。)
その他、試験に関する資料についてはキャリアセンターまでお問い合わせください。

※国家公務員試験の過去問は、人事院開示請求電子申請システム窓口から請求することが可能です。(有料)

OB・OG名簿

キャリアセンター内で各種OB・OG名簿を閲覧できます。
公務員関連では「国家公務員のOB・OG訪問の各府省窓口担当者一覧」と「KOBEナビゲーターリスト」があります。
詳細は「OB・OG訪問について」をご覧ください。

インターンシップ

各官公庁・各自治体では様々なインターンシップが開催されています。
キャリアセンターの「インターンシップ」ページや、各官公庁・各自治体のウェブページで詳細を確認してください。
キャリアセンターを通して申込みをするプログラムには、学内締切が設定されます。
(原則、締切日の2週間前)

2.公務員の仕事

「人と社会のために働く」

公務員の仕事には、企業とは異なる魅力があります。現在、国民生活を取り巻く環境が大きく変化しています。公務員には、社会の変化の中で生まれる生活の格差や、教育問題、環境問題など多くの課題が課されています。解決はたやすいことではありませんが、やりがいのある仕事であると言えます。

「国家公務員」と「地方公務員」に分かれており、就職する官庁や自治体・配属先により、業務内容は多岐に渡ります。

■準公務員(みなし公務員)について
準公務員(みなし公務員)とは、公務員ではないが、職務の公益性と公共性から、公務員に準じた取扱いを受ける者のことを言います。(日本郵便株式会社の職員、日本銀行の職員、国立大学法人の職員 など)

待遇面で公務員に準じている独立行政法人や機構、団体も多くありますので、公務員志望の皆さんは選択肢の一つとして検討してみてください。(参考:「公務員試験情報サイト KOUMUWIN!」準公務員試験日程一覧


3.公務員試験

安定した職業として人気が高く、試験に合格するためには一定期間以上学習に取り組む必要があります。

行政職の場合、多くの試験種において筆記試験として、法律・経済・政治などの専門試験と、数的処理・人文科学・自然科学などの教養試験、論文試験が実施されています。

技術職の場合、専門試験の内容が職種によって異なります。

また、近年は特に地方公務員において面接や集団討論などの人物評価重視の傾向があり、本当に公務員の仕事に対して意欲を持つ人を厳選する傾向が見られます。そのため、筆記試験対策を行うとともに、志望先の官庁や自治体に関する情報収集が非常に重要となります。

試験までの流れ(4年生で受験する場合)

※過去の実施例

試験の流れ(平成30年度例)


クリックで拡大します。

▼国家公務員の主な試験種

▼地方公務員の主な試験種


■国家公務員
■地方公務員